CCクリームが肌に優しいと言われる理由

CCクリームが肌に優しいと言われる理由

CCクリーム

ほとんどのCCクリームには一般の化粧下地と違い、美容成分が含まれおり、さらに保湿成分も豊富に含まれているため肌に優しいと言われています。
美容成分でメイクをしながらスキンケアと保湿ができるわけです。

 

保湿成分により肌を乾燥から守ることができますので、乾燥しやすい肌や、乾燥によって荒れてしまうなどのトラブル肌でも安心して使用することができます。


CCクリームで肌荒れしない選び方

CCクリームには美容成分が含まれていて肌に優しいと言われているものの、製品によっては肌トラブルの原因となる成分が含まれている場合があります。
敏感肌乾燥肌の方の場合には、刺激に弱くなっていますので、肌への刺激となる成分が含まれているものを使用すると、痒みや炎症を起こす可能性があります。CCクリームを選ぶ時は、必ず成分表示を確認しましょう

 

肌の刺激になる成分は、「パラベン」、「合成着色料」、「紫外線吸収剤」、「香料」、「防腐剤」等の化合物です。

 

また「レチノール」という美容成分が含まれているCCクリームがありますが、このレチノールは肌のターンオーバーを促進させる良い成分なのですが、敏感肌には刺激となり肌荒れを起こす場合があります。レチノールが含まれているCCクリームの敏感肌・乾燥肌への使用は避けましょう。肌荒れしない選び方のポイントは「無香料・無添加」です。

CCクリーム無添加を選べば安心

自分の敏感肌乾燥肌であると認識できていれば製品選びのために成分表示を確認したりなど注意を払うことができます。しかし、何を使っても荒れなかった肌が、ある製品で突然荒れてしまったということも起きることがあります。

CCクリーム 

化粧品の原材料や成分は、私たちの想像を超えるほどたくさんの種類がありますので、そのうちのどれかに刺激を受けることになる可能性があってもおかしくはないのです。CCクリームは肌に優しいのですが、製品によって配合されている成分には違いがあります。

 

微妙な違いを1つ1つチェックしていくのは、肌荒れ等を防ぐためには大切なことなのですが、ちょっと面倒だったりなのも事実です。そこで、CCクリームを選ぶ時は「無添加」であることをしっかりと謳ってある製品を選ぶことをおすすめします。

 

無添加とは、化学合成された着色料や防腐剤などの天然には存在しない成分を使用していないということですが、現在のところ、アレルギーの危険性が確認された102種類の成分を含んでいないものが「無添加化粧品」となっています。

 

"完全"無添加」のCCクリームはあまり多くないのが現状ですが、肌トラブルを防ぐためには無添加であることが確認できる製品を選ぶようにしましょう。

 

CCクリーム